• トップ /
  • インプラントをきれいに保つ方法

インプラントの注意点

インプラントをきれいに保つ方法

インプラントのケアで注意する点

インプラント治療をした後は、自分の歯と一緒にきれいにケアする必要があります。注意点として、普通の歯と同じように歯垢が溜まり、放置しておくと歯周病や歯槽膿漏の原因になります。そのため、歯磨きに加えてデンタルフロスを使うと歯垢を効果的に除去できます。またインプラントのケアには、電動歯ブラシも有効です。電動歯ブラシは、振動と回転で、歯の表面に付着した汚れをきれいに落とします。使い方も簡単で、歯に当てて磨きたい箇所をゆっくり移動させるだけです。ただし、力を入れてインプラントに押し付けると表面を傷めてしまうので、注意が必要です。また電動歯ブラシで、歯茎を傷つけずに境目をきれいにするには、歯科クリニックで指導してもらうのも良い方法です。万が一歯茎から血が出るような場合は、すぐにインプラントに電動歯ブラシを使うのを止めて、歯科クリニックで診察してもらうようにします。その他、電動歯ブラシによるケアは歯列矯正の器具にも使えます。ただし注意したいこととして、研磨剤や発砲剤を含まない歯磨き粉の方が、インプラントには適しています。また超音波歯ブラシといって、超音波の振動で歯垢を除去するタイプも販売されています。

インプラントの有益情報

↑PAGE TOP