トップ / 見やすいパンフレットの作り方

パンフレットでサロン集客

見やすいパンフレットの作り方

パンフレットと情報の載せ方

お店を知ってもらうため、色々な情報を載せたくなるものだと思います。
しかし、あまりにゴチャゴチャと情報を詰め込んだパンフレットは見てもらえないものです。有益な情報を効果的にお伝えするためには、パンフレットの見やすさも意識しましょう。どうしても文字が続いてしまう箇所は、目を惹く要素を入れましょう。

もっとも効果的な方法は、コントラストをつけることです。強調したい部分は太字にしたり、色を変えたりと変化をもたせてください。特に打ち出したい情報を、ページ内のもっとも目につきやすい場所に配置するのも効果的です。

また、たくさんの情報をお伝えするべく文字を並べるときは注意してください。
細かい文字がびっしり書き込まれているページは、読んでもらえません。大切な情報こそ余白や写真を使いながら、簡潔に記載してください。見出しとなるキャッチコピーを用いると、見やすさも変わります。

最も重要な方法として、レイアウトに気を配ることを忘れてはいけません。
統一感のあるレイアウトは、すっきりと読みやすく手にとった人の興味を惹きます。そのためには、レイアウト基礎のひとつである「グリッド」を活用しましょう。グリッドは、文字や画像の高さ・幅に統一感を出し秩序を生みます。与えるイメージも変わるため、垢抜けた好印象につながるでしょう。

あらゆるデザインに活用されていますが、パンフレット作成時にも参考にしてください。また、全体的に使用するカラーは3色程度に絞りましょう。あまりに多彩なパンフレットはごちゃごちゃとした印象を与えます。

同系色のカラーに絞り込むなど、見やすさを重視することで情報も届きやすくなります。
パンフレット作成時には、以上のコツを意識してみてくださいね。